キャッシュカード等を詐欺師に騙し取られる事案が急増しています。

色々な職業を装って、カードが不正に使われているなど巧妙な手口で暗証番号を聞き出し、後にカードを回収しに来る様です。カードと暗証番号が渡ってしまっている為、銀行窓口で引き出される際の注意対策が通用しません。後で監視カメラを確認しても手遅れになる可能性が高いです。

暗証番号を聞き出すような業者や機関を名乗る者は絶対に詐欺です。もし伝えてしまった場合は、迅速に暗証番号変更または警察に相談、カードの会社に相談しましょう。

 大手百貨店の店員や銀行協会の職員を名乗るニセ電話詐欺でキャッシュカードをだまし取られ、現金自動預払機(ATM)で現金を引き出される被害が急増している。犯行の間、被害者が金融機関を訪れることがないため、窓口で職員が注意を促すなどの対策が通用しない。約1000万円をだまし取られたケースもあり、警察が警戒を強めている。 (藤川大樹)

 「あなた名義のクレジットカードで買い物をした人がいます」。警視庁によると、詐欺グループは電話で有名百貨店の店員を名乗り、こんな架空の被害を告げて不安をあおる。「これ以上現金を引き落とされないよう、キャッシュカードを変えた方がいい。銀行協会に電話してください」と畳み掛ける。

 指示された番号に電話すると、銀行協会の職員を装う人物が登場。「買い物代金を口座から引き落とされないよう、銀行の暗証番号を変えた方がいい」と暗証番号を聞き出してしまう。

 さらに「手続きにはキャッシュカードが必要。今から担当者が受け取りに行く」と告げてカードをだまし取り、ATMで現金を引き出す。カードを受け取りに現れる人物が、偽の身分証を首から下げていることもある。

続きはこちら(東京新聞

おすすめの記事