2017年7月から野村證券で4年以上使用していないキャッシュカードに制限が設けられるようです。

証券最大手の野村証券は、特殊詐欺などの被害を防ぐため、4年以上使われていないキャッシュカードでATMから現金を引き出せなくする新しい対策を、ことし7月から始めます。

野村証券の新しい対策は、キャッシュカードを使った特殊詐欺などの被害が増えていることを受けて導入されます。

4年以上使われていない自社のキャッシュカードでATMから現金を引き出そうとすると、画面に「利用限度額を超えております」と表示され、操作ができなくなります。入金や残高の照会などはこれまでどおりできるということです。

新しい対策はことし7月11日から始まり、野村証券は、4年以上使っていないキャッシュカードを継続して使う場合は6月30日までに手続きをしてほしいと呼びかけています。

続きはこちら(NHK

おすすめの記事