沖縄県警が公開した特殊詐欺のメール内容。詐欺メールとして多く出回っている様な内容と酷似しています。(画像は毎日新聞から)

料金未納に関しては、メールのみ通告で法的手続きに移行する事はほぼありません。内容証明→民事裁判といった流れが普通なのでこの手のメールはほぼ100%詐欺メールとして無視して問題ありません。

ただし、見に覚えがなくても裁判に関する物が「裁判所から書面で通達された」場合は無視せず対応しましょう。

 4月28日に沖縄県国頭村の60代男性が10万円分の電子マネーをだまし取られた特殊詐欺事件で、県警生活安全企画課は2日、被害男性のスマートフォンに送られてきたメールの画像を公開した。県警は同種手口の犯行が増加傾向にあるとして、注意を呼び掛けている。

続きはこちら(毎日新聞

おすすめの記事