オレオレ金塊買って詐欺が新たに東京近郊で発生している様子。

手口はオレオレ詐欺と変わらない様だが、犯人に渡す物が現金ではなく金塊であるという事が特徴。詐欺犯に渡るまでの工程増えるわけなので、おかしいなと気付ける可能性もあります。

「金塊に変えて預けて」なんて実に怪しくないですか?

大きなお金を要されている時は、冷静に考えて焦らず必ず本人の顔を見てから判断する様にしましょう。

東京都内で2月以降、親族を装って高齢者に電話をかけ、金塊を購入させる手口のオレオレ詐欺が相次いでいることが捜査関係者への取材でわかった。

 警視庁は、金塊の購入であれば、多額の現金を引き出しても不審に思われないことを狙った新手口とみて警戒を強めている。

 捜査関係者によると、目黒区の70歳代の女性は4月上旬、息子を装った男から「会社の書類が入ったカバンを置き忘れた。お金を工面してほしい」と電話があり、自宅を訪れた同僚を名乗る人物に現金をだまし取られた。その後、「金を購入し、預けてほしい」と持ちかけられ、定期預金を解約し、金塊を購入。自宅に郵送された金塊を男らに手渡し、被害総額は約7700万円に上った。

続きはこちら(読売オンライン

おすすめの記事