大阪府警の大失態です。

警戒中の署員が通話しながらATMを操作中の高齢者を見つけ、電話口の詐欺犯と直接話をしたものの結局100万円を騙し取られる事件が発生しました。警察がいながらも残念な話です。

詐欺を行う相手は実に巧妙な手口で詐欺行為を行っています。口も上手く、警察も騙されてしまったのではないでしょうか。この事から、警察が大丈夫と判断しても絶対ではないという教訓になりました。

まずは、電話をしながらATMで現金を振り込んでくれ、という件には十分に注意して下さい。一人で考えても正常な判断ができない場合もありますので、誰かに相談するという事も頭に入れてくださいね。

特殊詐欺の警戒中だった大阪府警富田林署員が、携帯電話で詐欺グループと話しながらATM(現金自動預払機)を操作していた高齢女性に声をかけたものの、詐欺と見抜けず現金約100万円をだまし取られたことが2日、府警への取材で分かった。署員は電話を代わってグループの男と直接話したが、気付かなかったという。同署は女性に謝罪した。

続きはこちら(産経WEST

おすすめの記事