個々数日で、茨城県にニセ電話詐欺が多発している様で「ニセ電話詐欺多発警報」を発令したとのこと。

4月の28、29、30日で7件も確認されているので、実際数はかなり多めかと思われます。突然の、架空請求、オレオレ、還付金、融資などの知らない電話が来た際は、話に乗ったふりをして穏便に電話を切り、近くの警察に相談しましょう。

県警は1日、ニセ電話詐欺が4月28日までの30日間で7件発生したため、県西地域に「ニセ電話詐欺多発警報」を発令した。被害総額は約627万円。

県警ニセ電話詐欺対策室によると、警察署別では、筑西署管内で3件、桜川、常総、古河、境の各署管内で1件ずつ発生。架空請求詐欺4件、オレオレ詐欺、還付金詐欺、融資保証金詐欺が各1件だった。

続きはこちら(茨城新聞

おすすめの記事