仮想通貨に関して、「儲かった」「これから儲かる」「損はしない」なんて勧誘も少なくありません。

どんな事柄に対しても必ず儲かるなんて甘いことはありません。元本が○○倍になる、利息が、先行投資、なんて言葉が出てきたら警戒しましょう。

実際に儲かった人もいますが、そもそも資本の違いやタイミング、操作…なんかもありますので素人で手を出すのは危険ですね。

国民生活センターは2017年3月30日、「知人からの勧誘、セミナーでの勧誘による仮想通貨の購入トラブルにご注意―『必ず儲もうかる』という言葉は信じないで!―」という文書を発表しました。

インターネットを通じて電子的に取引される、いわゆる仮想通貨(ビットコイン)の購入などにおけるトラブルが増加しており、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)によると仮想通貨に関する相談は、2014年度は194件でしたが、2016年度は 634件となっているそうです。

同文書では、「5倍以上の価格になる」、「半年で価格が3倍になる」、「1日1%の利息がつく」と言われて仮想通貨を購入したが、業者が買い取り(出金)に応じてくれないといったトラブル例が紹介されています。

続きはこちら(1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門

おすすめの記事