飲食店の出店ブースが集まるイベント「グルメンピック」を開催するとうたい、参加希望者から出店料名目で現金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は3日、詐欺の疑いで、運営会社「大東物産」(東京都中野区、破産手続き中)の前社長大須健弘容疑者(41)ら4人を逮捕した。

同社は、2月に味の素スタジアム(東京都調布市)で10日間、舞洲スポーツアイランド(大阪市此花区)で8日間のイベントを開くと2016年夏ごろに発表していたが、開催されなかった。

https://this.kiji.is/243717548462654968?c=39550187727945729

 

お金を集めて、逃亡する詐欺行為に及んだ大東物産の詐欺師ら4人が逮捕されました。

不愉快極まりないやるやる集金詐欺で、この手の詐欺は多々存在します。

このケースは、取引が続いてからのドロンではなく、「イベントを開催する」と集金しておきながら実際にはイベントを行わなかったケースです。もしもこの大東物産が過去にイベントを開催して、この最後の1回のみ開催不可だった場合は逮捕案件ではなかったかもしれません。

また、他のケースではてるみくらぶの様な集金をしておきながら計画倒産を行う詐欺会社もいます。現在の法律ではてるみくらぶの様な詐欺ケースを裁く法律がありません。詐欺による被害に合われた方は、同じ様な詐欺被害がないか調査し、被害者の会を結成する事が良い方法です。

 

(編集部)

おすすめの記事