和歌山県有田市内に住む20代の女性会社員が、アダルトサイトの閲覧料未納の架空請求で、
32万円分のアマゾンギフトカードをだまし取られていたことが県警有田署の調べで分かった。

女性は5月24日午後、携帯電話に「閲覧代金が未納になっている。訴訟を起こす」との
メールを受けた。メール記載の電話番号にかけたところ、コンビニエンスストアでアマゾン
ギフトカード(2万円券16枚)を購入することを指示され、ギフト券の番号をマルチ
コピー機でスキャンして指定の電話番号に送信した。

その後、再度未納分の現金を請求されたため、夫とともに有田署に相談し、犯行が発覚した。
同署が詐欺容疑で調べている。

http://www.sankei.com/west/news/170528/wst1705280017-n1.html

 

訴訟を起こす!なんていう脅し文句にうろたえないでください。

見に覚えのない請求で脅し文句があったら必ず警察に相談しましょう。そしてギフトカードの番号を遅れは100%詐欺なので送らないで下さい。

おすすめの記事