通話料金が安い格安スマートフォンを使ったニセ電話詐欺が、東京都内と神奈川県内で昨年秋ごろから急増していることが、警察への取材で分かった。契約申し込みが主にインターネットで行われるため、詐欺グループが本人確認の甘さを突いて偽造免許証などで違法に端末を入手し、警察の捜査を逃れようとしているとみられる。 (宮畑譲)

 こうした格安スマホの販売で利用者が増えている業者は、仮想移動体通信事業者(MVNO)と呼ばれる。警視庁と神奈川県警は、昨年一月以降にニセ電話詐欺で使われた携帯端末を分析。昨年一月はMVNOの割合は17%だったが、十月にはレンタル携帯や法人名義など他の端末を上回り72%に。以降は毎月半数以上を占め、今年一~三月は65%だった。

 MVNOの多くは販売価格を抑えるため、店舗を持たず対面での本人確認を行わない。契約は利用者がネットで名前や住所などを入力し、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの本人確認書類をデジタルカメラなどで撮影して添付する。捜査関係者によると、詐欺グループはこの際、偽造の運転免許証などを使う。実物は見破られやすいが、画像では判別が困難という。免許証の住所に空き家を使い、契約後の端末の受取先としているケースもある。

 MVNOに回線を貸している「キャリア」と呼ばれるNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの大手三社もネットで契約できるが、神奈川県警の捜査幹部は「キャリアは本人確認を厳しくしてきたノウハウがある。急拡大したMVNOには経費、人材
の問題で審査の厳格化が追いついていない事業者もあるのでは」とみる。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017051602000114.html


格安SIM業者の本人確認システムの甘さを付き、偽装身分証明証で回線を契約するそうです。

また、その回線は詐欺に関する電話番号として利用されてしまいます。
本人確認が甘いのは契約する側からしたら面倒なことが1つ減るのでいいのですが、悪用されるようであればもう少し厳しいシステムにしてもらいたいですね。

その様な格安SIM契約の際は本人確認証の画像が利用されます。もしも身分証明証を「貸した」「写真をとられた」「コピーされた」疑いのある人は警戒し、少しでもおかしいなと思ったら最寄りの警察署に相談して下さい。

 

おすすめの記事