Twitterにて、著作権侵害サイト「フリーブックス」の閲覧方法を教えるのでiTunesカードの番号を送って下さい、という詐欺が発生しています。

詐欺師にカード番号を送信しても、「フリーブックス」は既に閉鎖しているので存在していない物の閲覧方法を教えてもらえるわけはありません。

そもそもフリーブックスの個人閲覧は著作権侵害者のコンテンツを見て有益な情報を得るという物なのでモラルの問題にも問われます。

無料で数々の漫画が読めてしまうという『フリーブックス』。有料の書籍が権利者に許可無く読めてしまうことから問題があると指摘し先日閉鎖した。

しかし、その移転先を1500円で教えるというツイートが横行している。そもそも無料で本を読んでた人達が1500円を払うはずないだろう。そう思われたが、実際にそのツイートを見てみると……「すいません交渉があるのですがDMいいですか?」と交渉しようとする人がいるのがビックリである。

もちろん移転先というのは嘘でiTunesカード1500円分を貰ってトンズラ。そしてそのツイートのほとんどが取得されたばかりの捨てアカウント。

Twitterで「フリーブックスの移転先を1500円で教えます」という詐欺が横行

おすすめの記事